美容室激戦区において

多くの飲食店や百貨店などがひしめき合う梅田と並ぶ大阪一の繁華街、心斎橋は美容室の激戦区でもある。

なんと心斎橋エリアには300以上もの美容室があり、その数は首都東京の青山や代官山など、コチラコチラなど名だたるお洒落な街をおさえて全国一位である。

そんな街で客は一体どうやって膨大な数の美容室から自分のお気に入りを見つけるのだろう。

せっかくお金を払って自分を磨きに行くのだから、満足のいく美容室を選びたいものだ。

コストパフォーマンスで選んでみたり、雑誌に載っている有名なスタイリストがいるお店を探したり、外から見たお店の雰囲気だけで選んでみてもいいだろう。

また美容室にはそれぞれ得意なスタイリングや売りにしている髪に優しいトリートメント剤など特徴がありそれを片っ端から調べて選ぶのも一つの方法だ。
美容室 BALON - Google 検索

がしかし300以上ものお店の中からそれらの条件で選択するにはかなりの時間と労力がかかる。

そこで、心斎橋と一口にいっても心斎橋の中にもさまざまなエリアがある。

それぞれのエリアに特徴があり、美容室も個々のお店の特徴と客層にあったエリアでお店を構えているのだ。

例えば堀江にはカジュアルお洒落な若者が集まり、長堀周辺にはブランド店求めてマダムが集まる。

道頓堀周辺はリーズナブルなファッションの激戦区だ。

御堂筋の一歩奥には東京で言う巣鴨のような街並みが広がる。

それぞれのエリアに、それぞれの客層にあった美容室が立ち並ぶ。

美容室にいった後、どんな自分になりたいか、まずはそこから美容室選びを始めてみてはどうだろうか。

美容室に行くと、毎回カットの後カラッカラに乾くまで丸いブラシを使って丁寧にしてもらえるブロー。

鏡を見ながら、乾きながら艶の増していく自分の髪に惚れ惚れするものです。

濡れた髪をそのまま放置するとキューティクルとやらが傷んでしまうということで、お風呂あがりはすぐにドライヤーで完全に乾かすのが美髪を保つコツだそうです。

少しでも濡れていると意味がないそうで、完全に乾かすというのがポイントです。

それを美容室で聞いてから毎晩かかさず髪を洗った後すぐにドライヤーで乾かしています。

ですがなかなか続かないのが、美容室でやってもらえるような丁寧なブロー。

施術してもらった日は、丁寧にブローしながら乾かすだけでクシャクシャに髪を乾かすよりこんなにツヤツヤになるのかと感動し、自分でも試してみるのです。

ですがこれが3日と続きません。

美容室でやってもらったようにうまくいかなかったり、自分ですると手が疲れたり、変な方向にブラシを動かしてしまうことで髪がはねてしまうなど、時間がかかってだんだん面倒くさくなってしまうのです。

気がつけば3日坊主で、再びクシャクシャしながら髪を乾かしています。

挙句の果てには適当に乾かし、ポイントの“完全に乾かす”というのさえサボってしまっています。

いつからか数週間前の美容室で施されたトリートメントは完全に落ち、翌朝の起きたての頭は鳥の巣状態、また元の自分の髪質に戻ってしまいます。

こんなブロー3日坊主女子、私だけでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>