ホワイトニング年齢

思春期になると自分の見た目も気になるお年頃。

特に女の子は髪やメイク、着る洋服にまで気を遣う時期になりますよね。

昔の女子中高生とは違って、今の時代の女子中高生は髪を染めて、最先端ファッションを求めてお休みの日にはお買いものにだって行くようです。

ほんの数年前までは考えられませんでしたが、高校生にもなれば当たり前のようにみんなお化粧だってしますし、プチ整形をしているなんていう女の子も今の時代少なくありません。

そんな彼女たちは、お肌のきめ細やかさや歯の白さにもこだわりをもっています。

私たち大人がそうであるように、女子中高生達も一人の女性で美しくありたいと願うものなのです。

今、そんな女子中高生の間で流行しているのが歯のホワイトニングです。

歯磨き - Google 検索

歯のホワイトニングなんて、大人がやるものと思っていませんか。

もう10代前半から歯に対する美意識を今の若い世代は持っているのです。

ホワイトニングは上限の年齢制限はありませんが、あまりに幼いとホワイトニングの施術を受けることは原則できないとされています。

永久歯に生え変わってからの数年は、まだ神経も大きく歯の根元も完全に固定されていないため、ホワイトニングを行うことはできません。

しかし、15歳を過ぎるころになると永久歯もしっかりしているのでホワイトニングを受けることができます。

しかし、私個人的にはまだまだ若いうちは大人のように歯が汚れているということも少ない場合が多いですし、もう少し大人になってからでもいいのではと思ってしまいますね。

それでも若いうちから歯に対してケアの意識を持つことは非常に素晴らしい時代の変化だと思います。

歯の黄ばみや汚れが気になってホワイトニングをしてみたいという方は多いのではないでしょうか。

白い歯 - Google 検索 (2)

気になる歯の汚れのせいで、おもいっきり笑えなかったり、人と話す時ついつい見られているのではないかとばかり考えてしまったり。

ホワイトニングにはとても興味があるけど、ホワイトニングをした後の白くなった歯があまりにも白すぎて不自然にならないか不安だという声をよく耳にします。

確かにあまりに不自然に白くなりすぎてしまうと、ホワイトニングをしたことがバレバレで周りからどう思われるかなんて考えてしまったりしますよね。

でも安心してください。

ホワイトニングはあなたの歯本来の白さを取り戻すための美容手段です。

生まれ持った歯を生えた当時そのものまで戻す効果を期待するものですので、それ以上に白く透明ほどにまでなることはありません。

もちろん今の見慣れた色の御顔より白くなるわけですので、最初はいつもと違う感じを受けると思いますが、不自然なほどではありません。

また、私たちは黄色人種ですので、個人差はあるものの色がないほど真っ白なほどではないと考えられます。

ホワイトニングは回数を重ねるごとに白さのトーンが明るくなっていきますので、もうこのくらいで良いと判断されればそこでストップすることもできますし、最近のホワイトニングをおこなっている歯科医院や専門サロンでは白さのトーンを事前に選択することもできます。

あなたにあったご希望の白さから選んでホワイトニングを受けられますので安心してください。

まずは悩んでいるより試してください。

きっと人前でも思いっきり笑顔になれる日がくるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>